生活に関するご質問

  • Question

    留学中に注意すべきことは何ですか?

    スリ、置き引き等の窃盗に気を付けてください。財布よりも携帯電話が狙われます。スマートフォンやスニーカーといった物も盗難されないように気を付けるべきです。
    また、水道水は飲料には適していませんので直接は飲まない方が良いです。

  • Question

    留学中に必要なお金はいくらくらいですか?

    4週間基準で、どこにも行かずにひたすら勉強する人であれば、1~2万円です。週末ぐらいは郊外やマニラやマカティには2~3万円で観光する事が出来るでしょう。買い物など存分に楽しみたい方は5万円程度をおすすめいたします。
    勿論、旅行の費用は別に考えてください。

  • Question

    現地で友達はできますか?

    語学学校に通っていたら韓国人や台湾人の友達ができると思います。

  • Question

    お金はどうやって送金しますか?

    基本は現金をお勧めします。それが金融機関の手数料が一番安いです。
    長期間、留学されてご両親からご送金を受けるのであればWestern Union Bankがお勧めです。セブン銀行からでもファミポートからでも送金できますし手数料もそれほど高くありません。マニラやケソン市だったら、あちらこちらにWestern Union Bankがあります。

  • Question

    現地での携帯の通信費は?

    恐らく300ペソから500ペソでお釣りが来ます。
    日本人や台湾人の友達にはラインで連絡できますし韓国人にはカカオトークで連絡する事が多いです。フィリピン人は携帯メッセージを使う人が多いです。
    学校も寮もWiFiが繋がりますのでデータ通信を殆ど使いません。唯一使うのは外でGRABタクシーやUBERタクシーを呼ぶ時です。

  • Question

    日本から何を持っていけば良いですか?

    ・シムフリー携帯
    基本的にはアンドロイド携帯がお勧めです。
    キャリアにもよりますが、シムロックを解除される事をおすすめします。必要であればスマートフォンなど通信機器の設定や通信に関してもアドバイスいたします。

    ・着替えとタオル
    4週間ほどの短期間でも4日分程度あれば安心です。

    ・シャンプーや整髪料
    現地のものでも気にならなければ必要はありません。ただし、こだわりがある人は持ってこられることをお勧めいたします。

    ・化粧品や生理用品
    現地の製品全般的に言えることですが質が落ちます。特に女性はよほど長期間ではない限り持参される事をおすすめいたします。欧米日韓の化粧品は大手モールでも購入する事が可能です。

    ・変圧器
    持ち込まれる家電製品の電圧が日本仕様であれば必要です。

    ・パソコン
    持って来られることをお勧めします。夜にすることが無い場合があります。
    またネットカフェは余りフィリピンにはありません。フィリピンの方はスターバックスなどのWiFiが出来るところでパソコンやスマホを持って仕事したり勉強したりする方が多いです。

    ・日本語の参考書
    初心者の方は持ってくることをお勧めします。TOEFL/TOEIC/英検いずれも試験対策の単語本はあります。市販の単語本を持ってこられたら空き時間に学習が出来ますので、意外に重宝します。電子辞書もあれば便利でしょう。

英語学習に関するご質問

  • Question

    フィリピン人の英語・フィリピン人の英語の訛りはありますか?

    フィリピン人の英語には訛りがあるといわれていますが事実あります。
    ただ、個人の感じ方で異なりますが、英語が上手いと言われているシンガポールより訛りは少なく感じられます。
    また、高学歴な人は流暢な米国式の英語を喋りますが、土木作業員やバイクタクシー(トライシクル)の運転手さんのような肉体労働をされている方でもある程度以上の英語は喋れます。
    またタガログ語は日本語やスペイン語同様に母音が五つ(あいうえお)ですので、ある意味なまっている人でも日本人には聞き取りやすいと思います。
    外でよく接する、カフェやショッピングモールの定員さんは流暢に英語を話されるケースがほとんどです。